Author Archive

「先駆的空き家対策モデル事業」採択

2017-10-06

国土交通省が、地方公共団体と民間事業者等が連携して先駆的な空き家対策の取組を支援する「先駆的空き家対策モデル事業」において、HOUSE-ZOO株式会社が採択されました。

「先駆的空き家対策モデル事業」とは

【事業目的】

本事業は、空き家対策に関する市区町村の取組を促進するとともに、全国の空き家対策を一層
促進するため、市区町村等にノウハウの蓄積が十分ではない事務や官民が協力して取組む事業等
について、先駆的に実施される取組を支援し、その成果の全国への展開を図るもの。

【事業内容】

空き家対策に関し、民間事業者、法務や不動産の専門家、市区町村等が連携して、(1)関連法令・
事例等の整理、取組みスキームや運用方針等の作成を行い、(2)これを実際の空き家に適用しうる
先駆的な取組について、国がその実施に要する費用の一部を補助するものである。事業の成果は
公表し、全国の市区町村等への展開等を図る。

となってます。

この度、下記の内容で、採択を受けました。
これは、空き家の有効利用として、シェアハウスが認められたことにも繋がることと捉えております。

【団体名】
HOUSE-ZOO株式会社

【事業箇所】
東京都及び首都圏

【事業名】
高齢者共同居住型住宅の保護犬(猫)共生型で相互みまもり

【事業概要】
・居住支援協議会、建築業者、不動産業者と連携し、空き家の所有者・予備軍に対し利活用提案を行う。
・高齢者を対象とした、保護動物共生型シェアハウスの運営に係るマニュアル作成、介護事業者等の連携体制の確立等を行う。

【事業の必要性】
家は、使わなければあっという間に朽ちてしまうことを危惧する方が少なく、また、活用事例や利活用によるメリットなどの情報不足により、放置したままとなり空き家が増加することが問題である。
この事業では、潜在空き家の当事者や関係者への情報提供を行うことで、空き家として放置することなく、利活用の選択をスムーズに行う仕組みづくりを行う。
また、保護猫と暮らすシニアシェアハウスの活用事例では、保護猫とシニアの相互の見守り機能が付加され、独居老人減少、飼い主のいない動物の減少が、空き家の有効活用で叶えられる、新たな活用事例となる。

【事業の効果】
各々の既存住宅に対する最有効活用を事前に知ることで、空き家となると同時に対策を講じる環境の整備が行われる。
実際、保護猫と暮らすシニアシェアハウスによる活用事例をもとに、地域行政との連携、入居募集方法、空き家の募集方法、契約書のひな形、地元不動産や建設会社、動物保護団体などの連携団体を成果物として公表する。

この事業に関する詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.house-zoo.com/vacant-house.php

20171006_s

ボリュームチェックから設計へ ~屋外スペース~

2017-09-08

今回はシェアハウスを設計する時の屋外スペースの計画について書きたいと思います。

シェアハウスでは多くの住人が一緒に暮らすため、運用方法にもよりますが、駐輪スペースなど最初から計画しておいた方が良い要素が多数あります。

自転車が雑然と置かれているシェアハウスよりもきれいに並んでいるシェアハウスの方が気持ち良く感じられますし、ゴミ置き場も同様に住人の数に応じたスペースの確保が必要です。(近隣からのクレーム対策にも)

その他、ポストや宅配ボックス、セキュリティーなど、運用に合わせて計画していく必要があります。

設計者としては、建物へのアプローチは街並みに溶け込むようにデザインして、住人同士が談笑する「場」になれば理想的です。

デッキスペースなどもコミュニケーションの「場」としてシェアハウスの魅力の一つになります。

しかし、敷地に目一杯建物を建てる場合や戸建て住宅をシェアハウスにリノベーションする時など、空地が十分に確保出来ない場合もあります。

シェアハウスのコンセプト・ターゲットに応じて必要な要素を見極め、限られた屋外空間を最大限に活用する工夫、これが大事だと思います。

泉池建築設計事務所 泉池広幸

ペットと暮らすシェアハウス

2017-08-25

昨年建築させていただいた小金井市内の「ペットと暮らすシェアハウス」をご紹介させていただきます。

dsc_0349_s
1.システムキッチン(建物完成時)

dsc_0352_s
2.ロフトからリビングを見下ろした様子(建物完成時)

dsc_0478_s
3.お引渡し後の内覧会の様子

このシェアハウスは、オーナーからのご要望により、飼い主とペットの居住性を考慮した仕様となっています。

たとえば…
・ペット対応のフローリング
・消臭効果のある壁紙
・ペット足洗用シンクとサーモ水栓
・つめで引っ掻いても破れにくい網戸
・各室にエアコンと換気扇を設置
・猫が遊べるキャットウォーク  など

その他、ペット用の洗濯機を別に用意するなど細かな配慮がたくさんされていて、現在は全室(12室)満室だそうです。

郊外や駅から少し離れた場所でシェアハウスを検討する場合、この建物の様にコンセプトをつくり入居者を募集していくのも一つの方法かと思います。

エアサイクルハウジング株式会社 市川小奈枝

シェアメイトのコミュニケーション

2017-08-18

「シェアハウスの運営をしています」と、ご挨拶しますと必ず頂く質問が、「(入居者どうしで)問題ないの?」です。

確かに、トラブルは起きます。他人同士の生活です。みんな、今までの生活習慣が違うから当然なのです。

・おそうじの感覚・やり方
・生活音の加減
・トイレやお風呂の使用時間
・テレビやリビングの使い方…

挙げればキリがないのですが、お互いを理解しようという姿勢とちょっとした自分見直しで大体解決できます。

そもそも、トラブルの原因の多くは『コミュニケーション不足』なのです。いつも声をかけあって、自然に挨拶や会話ができていれば起こらないトラブルの方が多いのです。

仲の良い女の子たちは、パーティーとまではいかなくても「大好きなスィーツお茶会」でコミュニケーションをとっています。お互いがストレスなく楽しく生活する工夫であり、女子会的に情報交換の場になります。

0818_s

コレント 安藤

オシャレに見せるコツ(1)

2017-08-10

弊社では限られた予算で物件を作ることが多く、そんな時に頼りになるのは照明です。
ダクトレールなどであれば費用は数千円、それに角度の狭い「狭角」のスポットライトを組み合わせれば雰囲気はガラリと変わります。以前は高価だったLEDスポットライトも1個1000円以下で購入できます。

スポットライトはアクセントクロスや凹凸のある壁に照らすと陰影が強調されて良いでしょう。壁に対して斜めにダクトレールを流しても良いアクセントになります。
キッチンにペンダントライトを吊り下げてあげるのもいいですね。

これで暗くなってから撮影すれば募集写真はかなりいい感じになると思います。
中古物件をちょっと良く見せたいときにも使えます。

photo_s

株式会社沿線ハウジング 堀越

♪♪シェアハウスの防音室の利用状況♪♪

2017-08-01

今年オープンした”Tigri調布”には、「防音室I」(約1.5畳)と、「防音室II」(約4畳)の2部屋の防音室があります。
ネットによる予約システムの利用状況をもとに、防音室利用者にヒアリングを行ってみました。

Tigri調布(https://www.tigri-chofu.com/)

photo_s

◆防音室の利用方法
予約システムの履歴を見ると毎日どなたかが防音室を利用されており、その利用方法はさまざまです。
カラオケ利用する方が最も多く、仲良くなったシェアハウスの仲間でカラオケを楽しむ方もいれば、ひとりカラオケを楽しむ方も。
カラオケ以外にもwiiUでゲームを行ったり、またYoutubeを配信したりと、さまざまな利用方法がありました。

また、ギターやバイオリン、フルート等の楽器演奏や、舞台の準備のためのボイストレーニングをされている方もいらっしゃいました。
バイオリンを演奏している方に話を伺うと、1.5畳の小さい防音室で演奏すると弦を引くときに壁に当たってしまうとのこと。
楽器によっては防音室の設計を見誤ると小さすぎてしまうため、入居者の利用する楽器を想定し防音室のサイズを決める必要があります。

◆防音室の設計
防音室と一口に言っても、様々あります。
①ユニットタイプ設置
②フリータイプ組立
③防音工事施工
④音響工事施工
新築シェアハウス、中古物件のリノベーションシェアハウス、その他、費用や使用目的でどれを選択するが決まってきます。

防音室はギターやバイオリンなど様々な楽器を利用する方が多いですが、
ギターやバイオリンの音は、80~90dB程度と言われております。
90dBは日常生活でいうと地下鉄内の音で、それが住居の中で聞こえてしまうとやはりかなり騒音になってしまいます。
ユニットタイプの防音室を導入することにより、これを40dB程度に下げることが出来るようです。
40dBは、「気にならない音」と言われているので、その数値まで下げる必要があります。
防音室の機能にもよりますが、施工方法を工夫することにより防音室の質を上げることができ、快適なシェアハウス生活を送ることが出来ます。

しかし、残念ながら楽器の種類にもよりますが、防音室の上階のリビングルームに多少音が漏れることもあります。
防音室の運用ルールでなんとか工夫しています。

ご参考までに。
80dB ステレオ中音量・クラッシックギター・ヴァイオリン(子供)
85dB フォークギター・オーボエ・チェロ
90dB ピアノ(低学年)・クラリネット・アマボーカル・フルート・ヴァイオリン
100dB ピアノアマ・プロボーカル・ファゴット・ハープ
110dB アルトサックス・ピアノプロ・声楽(アマ)・金管楽器
120dB テナーサックス・オペラ歌手・ライブハウス
130dB 生ドラム・ロックバンド・パーカッション・コンガ
株式会社ゼスト 市川

シェアハウスのセミナー

2017-07-14

先週、シェアハウスのセミナーのスピーカーを、関西で3日間させていただきました。
シェアハウスに興味をお持ちの不動産会社の皆様向けの内容です。
シェアハウスに関して一般的な内容から、管理運営の特殊性、どのような物件がユーザーから求められているのか、オーナー目線での収益性など、多岐にわたり話をさせていただきました。

20170714_s

会場によっては収容人数の関係から、お断りさせていただいた方もいらっしゃったとか。
参加者の多さに驚きました。

全国に広がりを見せているシェアハウス、新たな居住スタイルとして一般的になりつつあること、嬉しい限りです。

普段は、依頼いただいてもほぼお断りしているスピーカーですが、今月は東京でもう一度させていただきます。ご興味ある方いらっしゃいましたら、下記参照ください。
https://www.fudousankeizai.co.jp/share/seminar/apply/41/no103seminar.pdf
株式会社ファインセレクト

 

保護猫と暮らすシェアハウス 完成報告

2017-07-07

神奈川県相模原市の空き家を利活用できないかと、シェアハウスラボに相談があったのは、2月12日。
猫の保護活動をされてるオーナー様からのご相談と言うこともあり、ペット共生シェアハウスを専門に手掛けるHOUSE-ZOO株式会社(株式会社 シーワン)が対応させて頂きました。

そのお家は、4DKとちょっと大きめの建物で、今回、ご提案したのは、一室を猫専用の部屋にし、残り三室を人間用の部屋にとのプランでした。
その猫部屋では保護猫を飼育し、週末には、お庭やリビングを使って、猫カフェや譲渡会を開催していきましょう!との運営のご提案です。

hz_as

hz_bs

もちろん、入居者の愛猫との入居も大歓迎!
愛猫と保護猫が仲良くなれば、飼い主の外出中は、猫部屋で保護猫達とお留守番も可能になります。まさに、猫専用保育園付きのシェアハウス。猫の為のハウスです!

hz_cathouse00s

hz_cathouse01s

hz_cathouse05s

保護猫のお世話は、隣にお住いのオーナーさんが行いますので、気軽に入居できるところも魅力です。
気が向いた時に、猫部屋に入って、猫に癒されるといったワガママ?が許されちゃうシェアハウスで、まさに、自宅が猫カフェ!

☆日本初の「猫部屋のあるシェアハウス」
保護猫と暮らす「HOUSE-ZOO相模原」は、こちらのホームページで、詳細がご覧頂けます。
http://www.house-zoo.com/house-zoo14.php

☆オーナー様が、企画前から綴ったブログはこちらからご覧頂けます。
http://ameblo.jp/tanpoposharehouse/

☆こんなシェアハウスを経営してみたい方!このシェアハウスに入居してみたい方!
お気軽にご連絡ください!

☆物件概要

*所在地:神奈川県相模原市淵野辺本町

*最寄り駅:JR横浜線 淵野辺駅
淵野辺駅との距離・所要時間は、1,500m 徒歩17分
(平坦なルートなので、自転車だと楽ちんですよ)

*アクセス:淵野辺駅から、JR横浜線で町田駅まで7分、新横浜駅まで27分、八王子駅まで19分。
また、新宿駅まで46分、渋谷駅まで47分と交通の便も良い立地となっています。

*近隣主要施設
スーパー
・グルメシティ 淵野辺本町店まで、800m

コンビニエンスストア
・ローソン 淵野辺本町店まで、350m

大学
・桜美林大学まで、1,700m
・青山学院大学相模原キャンパスまで、350m
・麻布大学まで、2,200m

株式会社シーワン/HOUSE-ZOO株式会社 田中宗樹

ボリュームチェックのハナシ

2017-06-30

新しくシェアハウスを計画する時、計画出来る建物の規模や部屋数などを検討するために事前にボリュームチェックを行います。

この作業は建築基準法や当該地の自治体で定める条例(ワンルーム条例など)をクリアーした上で、その土地・建物を最大限活用するための可能性を探る作業です。

検討する土地には、若者が多く集まる街、緑の多い落ち着いた街、都心に近く交通の便の良い街など、様々な特徴があります。

シェアハウスラボでは、設計者と様々な街でのシェアハウス運営実績が豊富な運営会社とがタッグを組み、その街のニーズに合ったシェアハウスのイメージ(ターゲットに合わせたリビングや個室の広さ、付加する要素など)を共有した上でボリュームチェックを行っています。

場合によってはシェアハウスの計画に向かない土地(建物)もありますが、プロジェクトを成功させるためにはその街の特性を読み解くことがポイントではないでしょうか。

街にはたくさんのヒントが溢れています。

泉池建築設計事務所 泉池広幸

自然素材で建てる賃貸住宅

2017-06-26

今回は賃貸住宅の話。

写真は、築15年の賃貸住宅見学会風景です。
見学会に参加された方から
・無垢の床がいい色ですね
・いい風合いが出ていてビンテージ感という言葉がピッタリ!
というご感想をいただきました。

photo01_s

photo03_s

photo02_s

photo04_s

この建物のポイント
◆外断熱二重通気工法
自然の力を利用して家全体に温度差のない住まいを実現。
できるだけエアコンに頼らない生活を目指しました。

◆自然素材
室内には、無垢の木、和紙、自然塗料など、アトピー、アレルギーのかたにも安心な自然素材を使用しました。
・床:無垢のフローリング(カバ)
・壁天井:和紙壁紙、パイン無垢材など
・ドア:パイン無垢材
・塗料:自然塗料

自然素材の良さは、なんといっても肌触りがいいこと、アレルギーにも安心なこと。
そして年月を経ることで「味のある風合い」がプラスされていく事です。

◆水
家全体の水に活水器をつけました。給水管には架橋ポリエチレンパイプを使っています。

◆外構
外構も自然との共生を考えました。雨水が浸透するアプローチです。

こうした考えのもと建てられる賃貸住宅やアパートがもっともっと増えたらいいのに、と思います。
持続可能な社会を目指して。

エアサイクルハウジング株式会社 市川小奈枝