1.シェアハウスの管理・運営について
シェアハウス投資する不動産が決まると、次に大きな問題は誰が管理・運営するかということです。建物の選定同様に、収益を大きく左右する大切なパートナー(管理会社)選びです。 一般不動産とは大きく異なり、特殊なノウハウが必要なシェアハウスの管理・運営ですが、専門業者に一切を任せることにより、オーナーは手を煩わせる必要はありません。 「シェアハウスの募集・管理なんて、どうしてよいかわからない。」 「トラブルが多くて大変そう。」なんてお考えの方もご安心ください シェアハウスの管理・運営を熟知した専門家集団。管理・運営のすべてをお任せ下さい。

管理内容の一例
・シェアハウス向けの物件の取得
・設計・施工・インテリアのコーディネイト
・広告作成・ネット掲載・募集活動
・入居者の案内・契約業務
・シェアハウス内でのトラブルの対応
・入居者の交流を深めるイベントの企画
・賃料管理・建物管理
・入居者の退去の立会・手続き
2.運営・管理受託までの流れ
シェアハウス管理・運営までの流れとしては下記のような流れになります。
3.市場調査と近隣競合分析&賃料査定
管理受託前には対象エリアの、シェアハウスニーズの潜在力の大きさを定性分析します。一般賃貸物件の間取りや入居者属性から、シェアハウス運営の可否を決定する最初の作業になります。 次に、投資指標を導き出すための最も重要な賃料査定を行いますが、重要なのは主観的 判断ではなく、市場分析に基づく近隣競合分析が信憑性の高いベンチマークになります。 市場を無視した賃料設定とテクニカルな入居者募集は、近い将来大きな歪みが出て、経営上致命的なリスクを背負うことにもなりかねません
4.経営分析
シェアハウス運営開始後の予実管理を月次P/Lと変動費推移表により、当初の 期待収益とのギャップの把握とコストコントロールを実現します。 季節変動する水道光熱費の変化を予測し、適正共益費の算定と入居者への共益費 変更喚起意識を維持します。また、入金状況一覧・更新予定表により、早期募集・ 早期再契約開始の意思決定、入金状況の把握、更新時期のバリューアップによる 賃料改定等の検討材料として活かします。
5.管理方法
1 サブリース方式(一括借上げ方式)

シェアハウスの稼働率に関わらず、運営会社が固定賃料で借り上げます。オーナーは空室の心配をする必要なく、 毎月一定の賃料を受け取ることができ、 事業計画が立てやすい点がメリットです。


2 運営委託方式

入居者からの賃料収入の内、一定割合を運営会社が管理委託(受託)費として受取り、残りがオーナーの収入となる方式です。 満室時にはオーナーの手取り収入も大きくなる半面、空室リスクも負っていただくことになります。