シェアハウスの建築業者(工務店) 、設計事所、運営、不動産投資コンサルタントといった
シェアハウス 事業の専門家集団が「一般社法人シェアハウス ラボ」に結集し、ワンストップのサービスを提供します。


一つの家のリビングやキッチン、バスルーム、
トイレ等を共有し他人同士で住む住宅スタイルです。

グレードの高い設備を安価な家賃で利用できること、
家具を持たなくて済むこと、
人との交流できることなどの多数の利点があり若者を中心に
人気を集めています。





シェアハウス投資する不動産が決まると、次に大きな問題が誰が管理運営するかということです。
建物の選定同様に、収益を大きく左右する大切なパートナー選びです。
シェアハウスに関わる業務全般を、専門業者が請け負います。 サブリース方式、管理委託方式ともに管理会社の上記業務内容は同じです。

管理方法

管理運営の方法は大きく分けて2通りです。
サブリース方式(一括借上げ方式)
シェアハウスの稼働率に関わらず、運営会社が固定賃料で借り上げます。 オーナーは空室の心配をする必要なく、毎月一定の賃料を受け取ることができ、 事業計画が立てやすい点がメリットです。
運営委託方式
入居者からの賃料収入の内、一定割合を運営会社が管理委託(受託)費として受取り、 残りがオーナーの収入となる方式です。満室時にはオーナーの手取り収入も大きくなる半面、 空室リスクも負っていただくことになります。

一般不動産とは大きく異なり、特殊なノウハウが必要なシェアハウスの管理・運営ですが、 専門業者に一切を任せることにより、オーナーは手を煩わせる必要はありません。 今後 も市場拡大が見込まれているシェアハウスは運営ノウハウ次第で企画力、 アパートや アパートや マンションよりも高い入居率、高稼働 が実現できます



20171006_s
2017年10月6日
「先駆的空き家対策モデル事業」採択

国土交通省が、地方公共団体と民間事業者等が連携して先駆的な空き家対策の取組を支援する「先駆的空き家対策モデル事業」において、HOUSE-ZO…(続きを読む)
2017年9月8日
ボリュームチェックから設計へ ~屋外スペース~

今回はシェアハウスを設計する時の屋外スペースの計画について書きたいと思います。 シェアハウスでは多くの住人が一緒に暮らすため、運用方法…(続きを読む)
dsc_0349_s
2017年8月25日
ペットと暮らすシェアハウス

昨年建築させていただいた小金井市内の「ペットと暮らすシェアハウス」をご紹介させていただきます。 1.システムキッチン(建物完成時)…(続きを読む)